猫ちゃんのストレス・フリーな生活のためのコラム

猫ちゃんと動物病院編

執筆・監修

藤井仁美先生 獣医師・獣医行動診療科認定医・コンパニオンアニマル行動カウンセラー
  • 1990年  東京農工大学、農学部獣医学科卒、獣医師資格取得
  • 2001年  英国応用ペット行動学センターにて研修、公認資格を取得
  • 2007年  英国サウサンプトン大学院にて動物行動学を専攻
  • 2009年  同大学院卒、コンパニオンアニマル行動カウンセラーの認定資格を取得
  • 2013年  獣医行動診療科認定医の資格を取得
  • 現 在    V.C.J.代官山動物病院など複数の動物病院にて行動診療を行っている
藤井 仁美 先生

Vol.2猫の“行動診療”について知ろう!

①猫にも“行動診療科”があることをご存知ですか?

犬では人と暮らす上で問題となる行動(噛む、吠えるなど)があった場合、しつけの問題としてトレーナーさんに相談することがあると思います。しかし、こういった問題行動はしつけの仕方だけでなく、病気の可能性など様々な原因で起こっている場合もあります。
そのため、獣医学と動物行動学の両面の視点から総合的に判断して、適切なアドバイスや治療を行えるように、現在は“行動診療科”という専門の診療科がある動物病院や大学病院が増えてきました。
そこでは専門の知識を身につけ、豊富な行動治療の経験を持った獣医師が診察を行っており、犬はもちろん、猫の行動診療も行っているのです。

前へ コラム一覧へ戻る 次へ