猫ちゃんのストレス・フリーな生活のためのコラム

猫ちゃんと動物病院編

執筆・監修

藤井 仁美
  • 1990年  東京農工大学農学部獣医学科卒、獣医師資格取得
  • 2001年  英国応用ペット行動学センターにて研修、公認資格を取得
  • 2007年  英国サウサンプトン大学院にて動物行動学を専攻
  • 2009年  同大学院卒、コンパニオンアニマル行動カウンセラーの認定資格を取得
  • 2013年  獣医行動診療科認定医の資格を取得
  • 現 在    V.C.J.代官山動物病院など複数の動物病院にて行動診療を行っている
藤井 仁美 先生

インタビューゲスト

Dr. Daniel Mills

研究業績を通じて、英国獣医師会では獣医動物行動学治療の初の専門医として認定。 これまでに飼い主向けのガイド本なども含め30以上の書籍を執筆すると共に、200報以上の論文を発表。特に獣医動物行動学におけるフェロモンの使用については25年以上もの間、先駆的な役割を果たしている。

Dr. Daniel Mills

Vol.3ストレスケアをはじめよう

①ストレス状態には大きく分けて2つある

猫のストレス状態は大きく分けて2つあり、ケアの方法も違ってきます。

① 特定のストレッサーによるもの

特定のストレッサー(刺激や状況)をもとに引き起こされるストレス反応。
その刺激や状況を特定して回避すれば、ある程度のストレス緩和が見込めるため、比較的対応法を実践しやすい。

② 日常的に存在するストレッサーによるもの

生活の中で日常的に存在するストレッサーにより猫のストレス反応が慢性的/長期的に持続するもの。飼い主の世話の方法、生活スタイル、接し方、さらに猫のためによかれと思って実践していることなどがストレッサーとなることもあるため、知らず知らずのうちに猫を苦しめている場合もあり、修正や緩和には飼い主の自覚と変化が必要となる。

ストレス状態への対応は飼い主の勝手な思い込みや擬人化による偏った考えではなく、猫が生活や環境の中で本当に必要としているものや期待していることを、猫の立場になって理解し用意してあげることが重要となります。

コラム一覧へ戻る 次へ