本来の猫のライフスタイル

猫のストレスサイン

ストレスになりやすい環境

ストレスリスクチェック

猫フェロモンの利用

前のページへ戻る

フェロモンについて

フェロモンは動物の体から自然に産生される物質で、同種の動物の間でのコミュニケーションに用いられています。
顔周りや足先、乳腺やお尻周り、生殖器などから分泌されて、社会的な地位や、安心、警戒、性的行動などの情報をお互いに交換しています。尿中に含まれる性フェロモンは、尿マーキングによって猫の通り道にメッセージを残すこともできます。

猫フェロモンの確認

フェロモンは上あごの裏にある小さな開口部から取り込まれ、その奥の鋤鼻器(じょびき)で認識され鋤鼻器の受容体への刺激を通じて脳へと伝わり、行動変化の作用を及ぼすと考えられています。このフェロモンを取り込む際に、フレーメン反応と呼ばれる、口を半開きにし、頭を持ち上げて、目がうつろになって数秒間静止するといった陶酔状態がみられることがあります。

フェロモン療法と猫のストレス

猫の顔フェロモンは、猫が顔を物や人にこすりつけたりする時に分泌されるフェロモンで、猫にとって馴染みのあるものを区別して、猫に安心感を与えます。
この猫の顔から分泌されるフェロモンの合成類縁物質を製品化したものがあり(フェリウェイ® ※Feliway®海外サイト )、海外ではストレスに関連した猫の問題行動管理の1つとしてフェロモン療法が用いられています。

何ができる?猫のストレス対策

飼育環境の改善

猫の発情の管理

猫フェロモンの利用

前のページへ戻る