本来の猫のライフスタイル

猫のストレスサイン

ストレスになりやすい環境

ストレスリスクチェック

発情の管理

前のページへ戻る

性的な尿マーキング

性的なマーキングは一般に発情期の雌猫に興奮した去勢されていない雄猫か、あるいは発情期にある雌猫が雄猫を惹きつけるために行われます。これは猫の尿中に含まれる性フェロモンの匂いも関わっているといわれています。

避妊・去勢手術

もし尿マーキング(スプレー行動)している猫が避妊・去勢手術をされていない場合、避妊・去勢手術を行うことで、性的なマーキングを抑制できるか止められることがわかっています。
しかし、手術が効果をあげるのは、雄猫の90%、雌猫の95%と言われており、性成熟前に避妊・去勢手術を行った猫でも尿マーキングをすることがあります。
この場合、他に尿マーキングの原因となっている不安やストレス、生活環境の変化などがないかどうかを考える必要があります。

猫の発情

一般に猫の性成熟は生後6-10ヵ月齢で、早いものでは4カ月齢で発情を示すこともあります。短毛種は長毛種に比べて性成熟が早いようです。
雌の猫は季節繁殖動物といわれ、日照時間の影響を受けます。自然光で飼育した場合、国内では春と初秋が繁殖の季節となり、この時期に発情を繰り返します。しかし一般の家庭で飼育されている猫では、夜間の照明のため繁殖季節がはっきりしないこともあります。雄猫は雌が発情している時はいつでも繁殖可能ですが、造精機能が季節的な影響をうけているかどうかはわかっていません。
また、猫は交尾排卵動物であり、雌猫は交尾刺激によって排卵します。
猫は本来単独行動をする動物のため、周期的に排卵しても、そのたびに雄に巡りあって交尾できるとは限りません。そのため、卵子を無駄にしないで受精が行えるように、交尾刺激を受けてから排卵が起こる仕組みになっていると考えられています。

猫の発情のサイン

雌猫の発情中の性行動には多くの特徴があります。奇声に似た鳴き声(calling)を発しながら、頭を身近なものにこすりつけ、かがんで腰を低くして足踏みをしたり(lordosis)、尾を左右どちらかによけて交尾を促す姿勢をとり、床を転げまわったりもします(rolling)。発情の徴候が強い猫では発情期に食欲が減退することもあります。

何ができる?猫のストレス対策

飼育環境の改善

猫の発情の管理

猫フェロモンの利用

前のページへ戻る