本来の猫のライフスタイル

猫のストレスサイン

ストレスになりやすい環境

ストレスリスクチェック

猫の問題行動 - 猫同士の対立

前のページへ戻る

本来、猫は争いを好まない生き物

猫は本来単独で狩りをする動物のため、防衛的な行動や鳴き声によって物理的な闘争を避け、個体の生存にとって脅威となる怪我を負うことを防いでいます。
通常、相手への直接的な攻撃行動は猫にとっては最後の手段です。

現代の猫は対立を回避しにくい

しかし、室内で飼育されていることの多い現代の猫では、猫同士の対立がより避けにくい状況にあります。そのストレスによって、より直接的な攻撃行動や尿マーキング、爪とぎなどの問題行動が生じることもあるのです。
毛を逆立てたり、シャーと威嚇するわかりやすい攻撃性の他、わかりにくいものには凝視や、他の猫が占有していた場所から自発的に移動させたり、特定の場所へ行こうとするのを阻止したりすることなどがあります。

猫の対立の原因

次のような状況では猫同士の緊張関係が高まる可能性があります。

  • 新しい猫が加わるとき

  • 生活資源(例:休み場所、飼主の注意、食べ物)をめぐって激しい競争があるとき

  • 生活資源が制限されていて(例:食事場所、寝床やトイレが1つしかないなど)、権力のある猫によって簡単に守れるような場所にあるとき

  • 同居猫のうち1頭がしばらくの間家を留守にしていて、戻ってきたとき

  • 生後の発達期に他の猫への社会化が不十分だったとき

  • 性格の異なる猫が同居しているとき

  • 繁殖期のとき

何ができる?猫のストレス対策

飼育環境の改善

猫の発情の管理

猫フェロモンの利用

前のページへ戻る