本来の猫のライフスタイル

猫のストレスサイン

ストレスになりやすい環境

ストレスリスクチェック

猫の問題行動 - 隠れる

前のページへ戻る

猫が隠れることは、適応的な行動のひとつ

多頭飼育環境や、同居の猫との社会的な不安が存在する場合、権力の強い猫や他の猫の干渉から一時的に逃れるために隠れることは、直接的な対立を回避するための適応的な行動のひとつです。

しかし、過剰な不安によって、隠れたまま出てこようとせず、食事場所、トイレ、寝床といった資源へたどりつくことができないなど、生活に支障が出るような状態は、猫にとってストレスとなります。

不安や不快のサイン

おとなしくしている、沈黙している、またはじっとして動かないからといって、猫が痛みや不安を感じていないわけではありません。むしろ猫が「固まっている」状態は、不安や不快を感じているサインなのです。

不安や不快が身体的な疾患が原因で生じている可能性もあるため、特に理由もなくいつもと違う行動が見られた場合には、動物病院に相談することも大切です。

猫の恐怖・不安行動の原因

一般に猫の恐怖・不安行動には、次のような要因が関連していることがあります。

  • 遺伝的な気質

  • 幼少期の経験や社会化の不足

  • いやな経験後の学習

猫で社会化しやすいといわれている生後2―7週齢の時期(感受期)に、人間との接触がなかった猫は、ペットとして飼育されるようになっても、人間がまわりにいることに居心地の悪さや恐怖を感じるかもしれません。

猫が生活環境の中で安全であるという感覚を持てるよう、ストレスの少ない環境づくりが必要です。

何ができる?猫のストレス対策

飼育環境の改善

猫の発情の管理

猫フェロモンの利用

前のページへ戻る